山岸正裕・福井県勝山市長

 福井県勝山市の山岸正裕市長(71)は15日の市議会本会議で、12月25日に任期満了となる市長選に5選を目指して立候補する意向を表明した。

 山岸市長は4期16年を「市民と一体となって市政に全力を尽くしてきた」と強調。市長選について「じっくり熟慮を重ねてきた。市のために全力を尽くす覚悟を持って臨みたい」と出馬を表明した。丸山忠男議員(市政会)の一般質問に答えた。

 また取材に「計画途中の道の駅整備や、観光まちづくり会社の支援などを成し遂げたい。県立恐竜博物館の集客力を、どのように市の力となるよう導いていけるのかが課題」と話した。

 山岸市長は明治大法学部卒。県議2期目途中の2000年11月の市長選に出馬し、新人2人を破って初当選。04年は前助役との一騎打ちで再選を果たし、08年、12年は2期連続で無投票当選だった。

 同市長選については今のところ、ほかに表立った出馬の動きはない。

関連記事
あわせて読みたい