クマが目撃され閉鎖された福井県大野市の亀山=6月16日午前10時半ごろ

 6月16日午前6時25分ごろ、福井県大野市の市街地の亀山でクマが目撃された。市が山を立ち入り禁止にして注意を呼び掛けるとともに、猟友会がクマを探している。頂上にある越前大野城は臨時休館となった。

 市によると、クマは体長1メートル20センチほどの成獣とみられる。越前大野城の広場で行われるラジオ体操に訪れたグループ連れが、石垣の下を歩いているところを目撃した。

 猟友会の捜索では、山の東側の斜面でクマの爪痕や足跡が発見された。正午現在、クマは見つかっていない。

 越前大野城は雲海の上に浮かんだように見える「天空の城」で知られる。休日のこの日は大勢の家族連れが訪れ、立ち入り禁止を残念がる姿が見られた。

関連記事