小雨が降る中、傘を差して歩く人たち=13日午前9時10分ごろ、福井市大手2丁目のJR福井駅西口

 新潟地方気象台は13日、福井県を含む北陸地方が梅雨入りしたとみられる、と発表した。平年より1日遅く、昨年より6日早い。東北地方も梅雨入りが発表され、梅雨のない北海道を除いて日本全域が雨の季節に入った。

 この日、県内は曇りや弱い雨が降る天気となった。福井市のJR福井駅西口では朝方、傘を差して足早に歩く通勤通学者の姿が見られた。

 福井地方気象台によると、向こう1週間は晴れ間の出る日もあるが、気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、16、17日に雨が降る見込み。

 北陸地方の平年の梅雨明けは7月24日ごろ。

関連記事
あわせて読みたい