ソフトバンク戦でプロ初勝利を挙げ、高橋由伸監督(左)の祝福を受ける巨人・鍬原拓也=6月14日、ヤフオクドーム

 北陸高(福井県福井市)出身の巨人のドラフト1位ルーキー、鍬原拓也(中央大卒)が6月14日、3度目の登板でプロ初勝利を挙げた。ソフトバンクを相手に4失点したが打線の援護に助けられ、「勝たせてもらった」とチームメートに感謝した。

 力のある速球と落ちる球を武器に7三振を奪った。四回1死から柳田悠岐、デスパイネに連続四球を与えたが、「弱気にならず、切り替えられた」と上林誠知、松田宣浩をシンカーで連続三振に切って取った。7日の楽天戦では四球で走者をためてから満塁本塁打を浴びたが、失敗は繰り返さなかった。

 5―3と勝ち越した直後の六回に上林のソロで1点差とされたところで降板。この回を投げきらないと勝ち投手の権利がないと勘違いしていたそうで、試合終了直前まで白星が付くとは思っていなかったという。「(六回の)途中で代えられて悔しかった。(救援した)沢村拓一さんに『勝たせてやるからな』と言われても、意味が分からなかった」と笑いながら、初白星の余韻に浸った。

関連記事