富山―福井 初先発で6回1失点と好投した福井の佐々木勝一=高岡西部

 ルートインBCリーグ西地区首位の福井ミラクルエレファンツは9日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズに3−1で競り勝ち、引き分けを挟んで5連勝。前期残り5試合で2位石川ミリオンスターズとのゲーム差を1・5に広げた。

 福井はこの日から4連戦。福井が連勝を続け、石川が10、11日の試合で連敗した場合、11日に福井の前期2連覇が決まる。10日は午後6時から、福井市の福井フェニックススタジアムで信濃グランセローズと対戦する。

 福井
 000 110 001…3
 000 010 000…1
 富山

 【評】福井はBC初先発の佐々木勝一が6回を5安打、1失点の力投。打線も少ない好機を得点に結びつけ、競り勝った。

 佐々木は、ストライク先行の投球でリズム良くアウトを積み重ねた。2点リードの五回に2死無走者から連打で失点したが、無四球と安定した内容で今季初勝利。七、八回は藤野剛志、九回は戸田亮が無失点でリレーした。

 打線は四回2死二塁から栗田茂樹の適時二塁打で先制。五回には、片山雄哉の安打などで2死二塁とし、敵失で加点した。1点リードの九回は、先頭浜崎裕太の左前打や栗田の犠打で好機をつくり、荒道好貴の適時二塁打で貴重な追加点を挙げた。

関連記事
あわせて読みたい