石川―福井 5回福井1死二、三塁、石井建斗の左犠飛で三走西和哉が生還し3―3とする=金沢市民野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは6月14日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦い、4―7で敗れた。首位の信濃グランセローズに前期優勝へのマジックナンバー「4」が再点灯した。通算19勝11敗1分けで、前期は残り3試合。次戦は17日、長野県の松本市野球場で信濃と対戦する。

福井
001 110 010…4
011 101 03X…7
石川

【評】福井は同点の八回に3点を奪われ、接戦を落とした。

 序盤から1点を取り合うシーソーゲーム。福井は先行されながら、三~五回は毎回得点を奪い、食らい付いた。

 3―4の八回には清田亮一の左前打と犠打、四球などで1死一、三塁とし、木下裕揮の二ゴロで追いついた。しかしその裏、代わった岩本輝が死球、内野安打、遊撃松本友の失策で2死満塁を招くと、代打ケビンに走者一掃の右中間三塁打を浴び、力尽きた。

関連記事
あわせて読みたい