全日本空輸の客室乗務員らの制服納入で受注を調整したとして、公正取引委員会が独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで、百貨店3社に対し計約3200万円の課徴金納付を命じる方針を固めたことが14日、関係者への取材で分かった。

 対象は、そごう・西武(東京)と高島屋(大阪市)、名鉄百貨店(名古屋市)。これらに伊藤忠商事(東京)とオンワード商事(同)を加えた5社には再発防止に向けた排除措置命令も出す方針。既にこの方針を各社に通知しており、意見を聞いた上で正式に決める。

関連記事