押収した鉢植えの大麻草(前列)や照明器具、肥料など=福井県警大野署(同署提供)

 福井地検は6月13日、夫と共謀し自宅で大麻草を栽培したとして大麻取締法違反(栽培)の疑いで福井県警大野署が逮捕、送検した同県大野市、フリーアナウンサー佐々木愛(本名白嵜愛)容疑者(35)=同法違反(所持)罪で起訴済み=を不起訴とした。地検は不起訴の理由を明らかにしていない。

 夫の飲食店経営白嵜宏幸容疑者(43)=同法違反(所持)罪で起訴済み=については同日、同法違反(栽培)の罪で起訴した。

 起訴内容は昨年11月ごろから今年5月16日までの間、大野市の自宅で、切り取った大麻草の枝をロックウールに挿し木して根付かせた上、照明器具で照射し、水や肥料を与えるなどして大麻草7株を育てたとされる。

関連記事