第65回全日本大学野球選手権

 第65回全日本大学野球選手権(6月6日から7日間・神宮球場、東京ドーム)の代表27校が30日、富士大(北東北)を最後にそろった。最多の39度目の出場となった福井県の福井工業大(北陸)は、大会第1日の6日、東京ドームの第4試合で、2年連続4度目の愛媛大(四国)と火花を散らす。

 初出場は共栄大(東京新)中京学院大(東海)花園大(京滋)環太平洋大(中国)第一工大(九州南部)の5校。

 前年まで1枠だった九州地区大学連盟は、今回北部と南部の各1校が出るため、前年より1増。組み合わせは既に決まっており、亜大(東都)明大(東京六大学)などがシードされて2回戦から登場する。

関連記事
あわせて読みたい