福井-阪神 7回を3安打に抑えた福井先発の藤岡雅俊=29日、福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは29日、福井市の福井フェニックススタジアムで、阪神2軍戦(福井県越前町協賛)を行い、8−2で快勝し2連勝した。通算15勝11敗1分けとし、西地区首位石川ミリオンスターズが敗れたため、同率で首位に浮上した。

 阪神
 000 002 000…2
 012 002 300…8
 福井

 福井がNPB(日本野球機構)球団の2軍に勝利するのは初めて。この日は今季最多の3千人以上のファンが駆け付け、注目の一戦を見守った。

 福井の次戦は6月3日、金沢市民野球場で、石川と首位攻防戦を行う。

 【評】福井エース藤岡雅俊が7回2失点で試合をつくった。打線も序盤から畳み掛けて阪神に快勝した。

 先発藤岡は、二〜五回を無安打に仕留めた。六回は2四球で1死一、二塁とされ、適時二塁打で2失点したが、七回まで踏ん張った。八、九回は佐々木勝一、戸田亮が継投し無失点でリレーした。

 打線は1点リードの三回、森亮太の中前打や四球で2死一、三塁とし、大松陽平の2点適時二塁打で加点した。1点差にされた直後の六回は、2四球で一、二塁とし、代打甲川稔の適時二塁打で2得点。七回1死満塁機では片山雄哉の適時二塁打と押し出しで3点を挙げ、試合を決めた。

関連記事
あわせて読みたい