ちょっとした工夫で劇的に改善します(撮影:梅谷秀司)
「勉強しているはずなのに、成績が上がらない」「どれだけ本を読んでも身につかない」
受験生に限らず、勉強熱心なビジネスパーソンでも、このような悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。
「かつての僕は、まさにそうでした」。2浪、偏差値35という崖っぷちから1年で奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏は、自らの経験を振り返って言います。「でも、ちょっとした工夫で、劇的に改善したんです」
教科書、参考書だけでなく、あらゆる本の読み方を根本から変えた結果たどり着いた、「知識を増やすだけでなく『地頭力』も高められる」「速く読めて、内容も忘れず、かつ応用できる」という読書法を、新刊『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』にまとめた西岡氏に、多くの人が陥っている「残念な勉強法」とその改善策を解説してもらいました。
『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』は発売12日で5万部のベストセラーとなっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

みなさんはこんなふうに思い悩んだ経験、ありませんか?

「一生懸命暗記したのに、なぜかテストだと点が取れない」「こんなに頑張ってるのに、ぜんぜん成績が上がらない」

僕の人生は、ずーーーっとこればっかりでした。

一生懸命勉強しているはずなのに偏差値35の学年ビリ。どの科目よりも英語に時間を割いているはずなのに、英語のテストの成績は3点(120点満点中)。あげく東大を目指して1日10時間勉強していたのに、2年間成績がまったく上がりませんでした

「いったいどうして成績が上がらないのか?」

僕は誰よりも、そう思い悩みました。しかし、「自分の勉強に欠けていること」に気がついて、勉強法を「3つの観点」から一新した結果、偏差値が1年で35も急上昇、東大にもなんとか合格することができたのです。

今日は、そんな僕自身がかつてやっていた「残念な勉強の3つの特徴」をお話しさせてください。

「白紙に再現」できなければ知らないのと同じ

僕はいま、アルバイトで家庭教師をしているのですが、「成績が上がらない」という生徒にこういう質問を投げかけています。

「じゃあ、今日勉強したことを、何も見ないで具体的にこの白い紙に書いてみて?」

そうすると、約半数の生徒が、ほとんど何も書けない。暗記した単語、勉強した事項、いろいろあるはずなのに、全然書けないのです。

■東洋経済オンラインの関連記事■
頭のいい子に共通する小学校時代の過ごし方
偏差値35から東大へ!僕を救った「読む技術」
「灘中高」は異次元の数学授業で秀才を育てる

関連記事
あわせて読みたい