福井-巨人 完投勝利した先発福井濵田 俊之=28日、福井県坂井市の三国総合運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは28日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で、巨人3軍戦(みくにショッピングワールド・イーザPRESENTS)を行った。福井は八回に犠飛で勝ち越し、3−2で接戦をものにした。福井は巨人3軍との3連戦を2勝1敗で終えた。

 巨人
 100 000 100…2
 010 000 110…3
 福井

 西地区2位の福井は通算14勝11敗1分けとし、首位石川ミリオンスターズとのゲーム差を1に縮めた。次戦は29日午後1時から、福井市の福井フェニックススタジアムで阪神2軍と対戦する。

 【評】まれに見る好ゲーム。福井は先発濵田 俊之の力投が光り、終盤に決勝点を奪ってロースコアの激戦をものにした。

 打線は二回、高柳 翔宇の第1号ソロで同点。1点を追う七回は栗田 茂樹、ジョニー・セリスの連打などで無死一、三塁とし、遊ゴロで再び同点に追い付いた。八回には、先頭荒道 好貴の二塁打や代打 平田 光翼の中前打などで1死満塁とし、栗田 茂樹の犠飛で試合を決めた。

 先発濵田 俊之は8回2失点(自責点0)の力投。一回、安打や四球などで2死一、二塁とされ、二塁小野瀬 将紀の悪送球で失点。七回は2死から連打で一、三塁とされ、片山 雄哉の捕逸で失点したが、大崩れしなかった。九回は戸田 亮が三人で片付けた。

関連記事
あわせて読みたい