信濃―福井 九回福井2死一塁、西和哉が勝ち越しの2点本塁打を放ち3-1とする=長野県営球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは12日、長野市の長野県営野球場で信濃グランセローズと戦い、3-2で勝利し、西地区首位に浮上した。0.5ゲーム差で迎えた首位攻防戦。福井は九回に西の2ランで逆転に成功し、接戦を制した。通算19勝10敗1分けで、前期は残り4試合。次戦は14日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと戦う。

福井
000 000 003…3
000 010 001…2
信濃

 【評】福井は1点ビハインドの九回に3点を奪い逆転勝利。10試合ぶりに首位に返り咲いた。

 打線は信濃先発のギジェンに対し、八回まで沈黙。散発2安打に封じられ、三塁すら踏めなかった。それでも1点を追う九回、先頭の代打中村辰哉が四球で出塁、さらに犠打と四球などで1死一、三塁となり、荒道好貴の中犠飛で追いついた。続く西和哉が2点本塁打を放ち、逆転に成功した。

 先発浜田俊之は7回1失点と踏ん張った。2点リードの九回、イム・テフンが2死一、二塁から適時打を浴びたが最少失点で切り抜けた。

関連記事
あわせて読みたい