第134回北信越高校野球大会組み合わせ

 第134回北信越地区高校野球大会(6月4〜7日・福井)の出場12チームの組み合わせが26日、決まった。福井県大会を制した福井工大福井は、松商学園(長野2位)と高岡商業(富山2位)の勝者と2回戦で対戦する。

 敦賀気比(福井2位)は北越(新潟2位)と、啓新(福井3位)は金沢商業(石川2位)と、美方(福井3位)は松本第一(長野1位)と初日の1回戦で対戦する。

 大会には、開催県の福井から4チーム、石川、富山、新潟、長野の4県から2チームずつが出場。福井県営球場と福井フェニックススタジアムの2会場で、トーナメントで熱戦を繰り広げる。開会式は4日午前9時から福井フェニックススタジアムで行われる。組み合わせ抽選は、福井県高野連の代理抽選で行われた。

 北信越大会への出場は福井工大福井が6季連続35度目、敦賀気比が4季連続31度目の出場。美方は8季ぶり6度目、啓新は3季ぶり2度目で春は初の出場となる。

関連記事
あわせて読みたい