福井県内3地銀の2016年3月期決算概要

 福井県内に本支店を置く主要3地銀の2016年3月期決算は、金利低下で本業が苦戦した半面、貸出先の業績改善に伴う貸倒引当金の戻り益などが利益面を押し上げ、いずれも純利益は増益となった。しかし日銀のマイナス金利政策の影響が表れる17年3月期は、一段の金利低下による利ざやの縮小を織り込み、大幅減益の見通し。各行は事業性による中小企業向け融資の掘り起こしや手数料収入の増加、資産運用の多角化で収益を確保していく構えだ。

 福井銀行は貸出金利息や国債売却益が減少し、経常収益は前期比で微減。一方、純利益は前期の江守グループホールディングスの経営破綻に伴う不良債権処理費用106億円がなかったことから3・2倍の73億円と大きく伸びた。

 貸出金残高は堅調に伸びたものの貸出金利回りは1・19%に低下し、競争激化もあって利ざやは縮小。貸出金利息収入は5・2%減少した。林正博頭取は会見で「資金利益(利ざや収入)は依然として厳しい。この数字では満足できない」と述べた。

 北陸銀行も減収だった。しかし貸出金利息収入の減少を経費圧縮などで補い、本業のもうけを示すコア業務純益は9期ぶりに前期を上回った。

 福邦銀行は3期ぶりの増収増益を達成した。有価証券の利息配当金と国債など債券売却益が増え、与信費用の戻し入れ益も寄与した。ただ貸出金利息収入は前期比7・4%減と厳しい。東條敬頭取は「中小企業への貸し出しを増やし、取引先と地域を支え、安定的な収益を確保することが引き続きの課題」と話した。

関連記事
あわせて読みたい