美浜・五木ひろしマラソンで海岸沿いのコースを走り抜けるランナー=8日、福井県美浜町竹波

 第28回美浜・五木ひろしマラソン(美浜町、町教委、町体協主催、福井新聞社共催)は8日、美浜町丹生の特設会場を発着点に開催。3522人が5部門16種目に分かれ、若狭湾国定公園の海岸コースを、さわやかな海風と潮の香りを感じながら快走した。

 開会式は午前8時45分に行われ、山口治太郎町長は「気持ちのいい天候に恵まれ、盛大に開催することができてうれしい」とあいさつ。今回、五木さんは新歌舞伎座(大阪)公演と重なったため、大会史上初めて参加できなかったが、ビデオメッセージでランナーにエールを送った。川藤幸三さん(野球解説者、元阪神タイガース)、藪恵壹さん(同)、タレントのはるな愛さんがゲストで訪れた。

 同9時50分にはるな愛さんの号砲を合図に20キロ一般男女の部がスタート。ランナーは風光明媚(めいび)な景色を楽しみながら起伏に富んだコースを走り、汗を流した。

関連記事
あわせて読みたい