第136回北信越地区高校野球福井県大会最終日は5日、敦賀市総合運動公園野球場で決勝の敦賀気比—福井工大福井を行う。福井の「両雄」が順当に勝ち進み、夏を含めて県大会決勝は6連続で同じ顔合わせとなった。気比は春秋3季連続22度目、福井は3季ぶり14度目の頂点を目指す。

 ■敦賀気比VS福井工大福井 近年の戦績

 気比 6—1 福井(15秋北信越決勝)
 気比 8—0 福井(15秋決勝)
 気比 4—3 福井(15夏決勝)
 気比 7—3 福井(15春決勝)
 福井 13—4 気比(14秋決勝)
 気比 10—2 福井(14夏決勝)
 福井 5—3 気比(14春準決勝)

 気比は2回戦から準決勝までいずれもコールド勝ち。合計29得点6失点。打線は上位から下位まで満遍なく当たっており、隙がない。8番を任される上中尾真季は3試合で5安打6打点と勝負強い。

 長身エースの山崎颯一郎は準決勝の美方戦で先発。球威、制球とも十分で、7回を被安打3で零封した。2番手西本汰生は2試合で実力を発揮、層の厚さを示している。

 福井も全3試合コールド勝ちで、合計30得点6失点。リードオフマン北川智也は3試合で10安打5打点と爆発中。4番北村進太郎は準決勝の啓新戦で、試合の流れを大きく引き寄せる満塁本塁打を放った。

 エース田中嵐士は準決勝で7回6失点。右腕巽竜馬らが控える。決勝の先発マウンドを任されるのは誰か。

 【5日の試合】敦賀市総合運動公園野球場
 敦賀気比—福井工大福井(午前10時)

 ■打席ごとにD刊で詳しく速報

 福井新聞社は、有料電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞モバイル」で高校野球福井県大会決勝を打席ごとに詳しく速報する。プレー写真も随時掲載する。

 閲覧には会員登録が必要。申し込み方法は、インターネットで「福井新聞D刊」を検索。ホームページ「福井新聞オンライン」では全試合のイニング速報のみ公開する。また写真ニュースサイト「Web写真館」に、熱戦の写真を試合当日にアップする。

関連記事
あわせて読みたい