石川―福井 9回、見逃し三振に倒れ、悔しがる福井の栗田=金沢市民球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは1日、金沢市民野球場で、石川ミリオンスターズと対戦。福井は初回に守備が乱れ3失点。打線も沈黙し、0−3で完封負けした。福井は通算4勝6敗とした。次戦は3日、同球場で石川と対戦する。

 福井
 000 000 000…0
 300 000 000…3
 石川

 【評】福井は初回に守備陣がばたつき3失点。打線も石川先発安江を攻略できず完封負けした。

 福井先発は藤岡。初回、2安打や二塁平良の野選で無死満塁とされ、1死後に適時打と平良の失策で計3失点。二回以降は走者を背負いながらも無失点の粘投で、7回8安打、3三振、1四球で降板した。八回から継投した戸田、輝も無失点リレーしたが、打線の援護がなかった。

 打線は散発3安打と沈黙。大松、荒道の二塁打で2度の1死三塁の好機をつくったが、拙攻が続いた。

関連記事
あわせて読みたい