福井鉄道は30日、車両トラブルのため臨時列車「レトラム」の5月1日の運行を全て取り止めると発表した。

 レトラムは1965年製の2両1編成で、ドイツ・シュツットガルトで路面電車として走っていた。丸みのある車両前面にヘッドライトが縦に二つ並んだデザインと、白と黄のツートンカラーが特徴。

 同鉄道によると30日午後、花堂および赤十字前駅で車両トラブルが発生。このため福武線は江端—田原町駅間で一時、運転を見合わせるなどしてダイヤが乱れた。同日午後8時10分までに、通常通りの運行に戻った。

関連記事
あわせて読みたい