第136回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・武生工業―敦賀工業 被安打5で完封した敦賀工業の先発上下=24日、福井フェニックススタジアム

 第136回北信越地区高校野球福井県大会第3日は24日、2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアムの第2試合は敦賀工業が2—0で武生工業を下し2回戦に進出した。

武生工業
000 000 000...0
000 000 011...2
敦賀工業

■武生工業 宮下—坂口
■敦賀工業 上下—椿原

 試合は両校の先発が安定感を見せ、六回まで0−0の展開。敦賀工業は七回、山本夏と山本大の連打などで2死三塁とし、井上が中前に返して先制。八回には長岡が左翼線適時打で貴重な2点目を奪い、逃げ切った。

 先発したエース上下が被安打5で完封。八回、2死三塁とされ同点のピンチを迎えたが、相手4番を空振り三振に打ち取った。

 武生工業は先発宮下が粘り強い投球を見せたが、勝利につなげられなかった。打線は三回、八回に三塁まで走者を進めたが、あと一本が出なかった。

関連記事
あわせて読みたい