第136回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・敦賀―高志 七回に本塁打を放った高志の村田=24日、敦賀市総合運動公園野球場

 第136回北信越地区高校野球福井県大会第3日の24日、福井県敦賀市の敦賀市総合運動公園野球場で1回戦が行われ、第1試合で高志が敦賀を9—4で破り2回戦進出を決めた。

高志
000 001 530...9
003 100 000...4
敦賀

■高志 小林、林、奥島—村田
■敦賀 浅野、景山—細川

本塁打 村田

 高志は3点を追う七回、1死二塁で4番村田がレフトスタンドへ2点本塁打を放ち1点差。さらに、ここでマウンドに上がった敦賀景山を攻め、2死満塁とすると、9番林が中前にはじき返した。このボールを外野手が後逸、3人が生還し逆転に成功した。八回にも3点を追加して計9点を奪い、小林、林、奥島の継投で勝利を収めた。

 敦賀先発の浅野は初回に無死満塁、二回に2死三塁とピンチを招いたが後続を抑え先制点を許さなかった。打撃陣は三回、8番森の左前打、1番細川の右前打で1死一、三塁のチャンス。2番河瀬は犠打で1点。さらに2死二、三塁とし4番中宮がセンター前に2点適時打を放った。四回にも1死三塁から犠打で1点を追加した。しかし五回から八回まで、高志の林に三者凡退に抑えられた。

関連記事
あわせて読みたい