第136回北信越地区高校野球福井県大会1回戦 福井商業―啓新、先発し完投した啓新エースの荒木=22日、福井フェニックススタジアム

 第136回北信越地区高校野球県大会は22日、福井市のフェニックススタジアムで第3試合が行われ、啓新が第3シードの福井商業を9—2の8回コールドで下し、2回戦へ進出した。

 福井商業
 000 020 00 …2
 110 103 03×…9
 啓新

 ■福井商業 吉田、石本—市橋
 ■啓新 荒木—中井

 啓新は序盤足を絡めた攻撃で先制。試合のペースをつかむと6回には吉松と木下が適時打を放ち3点を追加。ゲームの主導権を終始譲らず8回にも木下と宮治が適時打を放ちゲームを決めた。

 福井商業は先発の吉田がつかまり石本にスイッチ。試合の流れを引き戻そうとしたが啓新打線を抑えることはできなかった。5回に武藤、関が適時打を放ったが反撃も2点止まり、啓新の先発荒木に6安打に抑えられた。

関連記事
あわせて読みたい