第136回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・勝山―丹南 5回裏、2点目のホームを踏む勝山の義岡=22日、福井フェニックススタジアム

 第136回北信越地区高校野球大会福井県大会第1日、福井フェニックススタジアム第2試合は、勝山が6−4で、丹南を破り2回戦に進出した。

 丹南
 000000220…4
 00101121×…6
 勝山

 ■丹南 堀—大塚
 ■勝山 前川—義岡

 勝山は3回、丹南の連続エラーで先制。5回、エラーで無死三塁とすると水上が左前適時打を放ち2点目を挙げた。6回以降も毎回加点。先発した2年生の前川は変換球を巧みに織り交ぜ、打たせて捕る粘りのピッチングを展開し完投した。

 丹南は7回表、渡部と三谷の適時打で2点、8回にも2点を返した。10安打と勝山打線の6安打を上回るも、あと一本が出ず惜敗した。

関連記事
あわせて読みたい