熊本地震の被災地に速やかに支援金を届けようと、福井県鯖江市は18日、市が運営するクラウドファンディングサービスを活用し募集を始めた。29日まで。

 同市は、インターネット上で事業資金を集めるクラウドファンディングサービス「FAAVOさばえ」を運営している。支援金集めを同サービスを通じて行うと、全国から広く善意を募ることができる上、行政側の手続きが簡素化するなどのメリットがあるという。

 支援金の募集は「緊急支援 がんばろう熊本!応援プロジェクト」と銘打ち、▽1千円▽2千円▽3千円▽5千円▽1万円▽2万円▽3万円▽5万円▽10万円−単位で受け付ける。申し込みは「FAAVOさばえ」ホームページでのクレジットカード決済か、市財政課または防災危機管理課の窓口に持参すればよい。

 集まった支援金は、4月末時点の被災地の状況や額に応じて、市が使途を決める予定。協力者に対しては、お礼と支援結果報告のメールを送る。財政課の担当者は「早急に支援できる方法としてクラウドファンディングサービスを選んだ。送り先は、刻一刻と変わる被災地の状況をみて決めたい」と話している。

関連記事
あわせて読みたい