信濃-福井 八回、信濃に本塁打を浴びマウンドに集まる福井ナイン=長野県営野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは15日、長野県営野球場で信濃グランセローズと今季初対戦した。福井は終盤に継投陣が炎上し、3−6で逆転負け。開幕3連敗を喫した。 
 
 今季初先発の浜田は6回1失点の力投。しかし、七回に継投した藤野が四球や失策などで1死一、二塁とされ、適時打と犠飛で同点に追い付かれた。八回に登板した戸田は、2死無走者から連打とボークで失点。なお2死二塁とされ、2ランでとどめを刺された。

 打線は三回、先頭木下の二塁打で1死二塁とし、平田のチーム1号となる2ランで先制。1点差にされた直後の七回には、先頭森の二塁打と木下の進塁打で1死三塁とし、栗田の犠飛で加点したが、力尽きた。

 福井は通算0勝3敗で西地区単独最下位に転落。次戦は16日、福井市の福井フェニックススタジアムで新潟アルビレックスBCと対戦する。

関連記事
あわせて読みたい