山口茜

 バドミントンのスーパーシリーズ、シンガポール・オープンは13日、シンガポールで行われ、女子シングルス1回戦で世界ランキング11位の山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)が同21位のインドネシアの選手を2−0で下し、2回戦に進んだ。

 山口は第1ゲームの序盤、5—6とリードされたが、ここから4連続ポイントを挙げ逆転。中盤以降は、じわじわと差を広げ21—15で奪った。

 第2ゲームは2—1から6連続ポイントを取るなど優位に試合を展開。一度もリードを許さず、21—11で圧倒した。

 14日の2回戦は、同16位のカナダの選手と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい