福井県が作成した漫画冊子「東京発福井Uターン物語」

 福井県外に進学した若者のUターン就職を促すため福井県は、漫画冊子「東京発福井Uターン物語」を作成した。東京と比べた福井の暮らしやすさや働きやすさを分かりやすく紹介している。県外での学生向け企業説明会などで活用する。

 東京で働く福井出身の主人公が、世界に誇るオンリーワン企業が県内に多くあることを知り、家族ととともにUターン。子育てのしやすさや、女性も活躍できる環境を実感しながら、充実した生活をスタートさせるストーリー。

 漫画には、県が昨年11月に公表した、東京と福井の家計を比較する「ふくい暮らしライフデザイン設計書」のデータも織り交ぜた。大学卒業後、結婚し2人の子どもを持つ世帯で、60歳までの収支差(黒字額)は東京より約3千万円多いなど、福井で暮らすメリットを強調している。

 若者・定住支援課は「県外に出た若者が、福井に目を向けてもらうきっかけになれば」としている。

 冊子は8ページ。3千部作成した。県外で開く合同企業説明会で配布するほか、県内企業にインターンシップ(就業体験)をする学生に配る。

関連記事
あわせて読みたい