乳児の死体が見つかった日野川浄化センター=1日、福井市黒丸町(日本空撮マルチコプターで撮影)

 福井市黒丸町の下水処理施設、日野川浄化センター内の処理場で1日、乳児の死体が見つかった事件で、福井県警福井署と県警捜査1課、機動捜査隊、少年女性安全課の合同捜査本部は6日、死体遺棄の疑いで同市生まれの住所不定、派遣社員荒木光湖容疑者(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は3月31日ごろ、同市内の民間施設内のトイレで乳児を出産し、死産した遺体をトイレに流して遺棄した疑い。

 福井署によると、乳児は女児で身長30センチ以下、体重約500グラムで妊娠22〜23週の早産だったとみられる。遺体は、へその緒が付いたまま、裸で発見され、目立った外傷はなかった。近くには胎盤もあった。

 聞き込み捜査などから同容疑者が浮上。6日、任意同行を求めたところ容疑を認めた。同容疑者は未婚で「(妊娠に関して)通院歴はない」と供述しているという。県警はトイレからセンターに流れ着くかや、動機などを慎重に調べている。

 乳児の死体が発見されたのは、市内からの下水がセンターに流入する入り口部分の施設内。大きな異物が流れ込まないようにする10センチ間隔の格子に引っかかっていた。

関連記事
あわせて読みたい