鯖江市は五日から、携帯電話の市ホームページ(HP)で行政情報の動画配信を開始した。市内に開発拠点を置く携帯電話ソフト製作・販売のjig.jp(本社東京都千代田区、福野泰介社長)が開発した携帯電話用動画配信ソフトを利用したもので、携帯での本格的な動画配信は全国自治体で初という。

 同市は、パソコン用の市HPで市長記者会見などの動画を配信しているが、より手軽に閲覧できる携帯電話での動画配信の方法を模索。同社が開発したソフト「jigムービー」に着目した。

 同ソフトは、携帯電話での映画やドラマなど長時間動画の配信を可能にした業界初のシステム。従来は一分程度の短い動画しか配信できなかったという。対応機種は現在は、NTTドコモのFOMAのみ(対応していない端末もある)。

 同市は第一弾として、昨年の市制五十周年記念式典に合わせ作成した紹介映像「鯖江・伝えゆく心」(十分)を配信。今後、福井高専の映画同好会とも協力し、レッサーパンダや西山公園の映像など順次増やしていく方針。「より多くの方に、分かりやすい形で情報発信が可能になり、鯖江のPRになる」(秘書広報課)と期待している。

 五日、市役所で会見した福野社長は「全国の自治体に先駆け、開発拠点を置く鯖江市と提携できうれしい。携帯電話はパソコンと比べいつでもどこでも気軽に見られるので広く利用していただきたい」と話した。

 同社は福井高専に在学していた福野さんが二○○三年に設立。市めがね会館内でソフト開発を行っている。

 市の動画ページのアドレスは、http://www3.city.sabae.fukui.jp/jig/

関連記事
あわせて読みたい