重さごとに選別されるサヨリ=1日、福井県小浜市川崎3丁目の小浜漁港

 若狭湾の春の風物詩「サヨリ漁」が1日、解禁された。小浜漁港(福井県小浜市)で初水揚げがあり、漁獲量はまずまず。高浜漁港(同県高浜町)でも形の良いものが多く揚がったという。漁は5月末まで行われ、漁業関係者らは大漁に期待を寄せている。

 サヨリは体長約20〜40センチで赤色の鋭いくちばしを持ち、銀色に輝く細長い体が特徴。身は淡泊で刺し身やささ漬け、すしねたなど白身の高級魚として扱われている。

 漁は2隻1組で、船体の間に扇形の網を取り付けて行う。漁師らによると、海面から1・5〜2メートルほどの浅いところに網を流し捕獲するという。

 この日は小浜市、同県おおい町の各漁港から5組が出港し、計約680キロの水揚げがあった。県漁連小浜支所の職員は「出だしは好調。今後は水温も上がり、大きさも増していくはず。大漁の年になることを期待したい」と話していた。

 とれたてのサヨリは同支所の職員らにより重さごとに分けられ、午後2時半からの競りに掛けられた。重さ100グラム以上の「大」から、40グラム以下の「豆」まで5種類に選別、4200円〜700円で取引された。市内を中心に大阪や京都、中京方面に出荷される。

 高浜漁港では、比較的大きめのものを中心に484キロの水揚げがあった。高浜町漁業協同組合によると、今年は形の良いものが多く、昨年に比べ1キロ当たり400円ほど高く取引されたという。

関連記事
あわせて読みたい