新曲「ホラーすぎる彼女です」をPRする川本真琴さん=3月23日、福井新聞社

 福井市出身のシンガー・ソングライター川本真琴さんが20日、3年ぶりとなる新曲「ホラーすぎる彼女です」をリリースする。アナログ7インチシングルレコード。このほど福井新聞社を訪れ、「恋する女の子の気持ちを表した私の実体験。ぜひ聴いてください」とPRした。

 川本さんは、1996年に岡村靖幸プロデュースの「愛の才能」でデビュー。同年セカンドシングル「DNA」、97年「1/2」と立て続けにヒットを飛ばし、アルバム「川本真琴」はミリオンセラーとなった。絵本作家としても才能を発揮し、2014年には3冊目の作品「ぼくね、ほんとうはね。」を書き下ろした。

 新曲について「恋をして周りが見えなくなった女の子の気持ちを『ホラー』という言葉で表現した」と紹介。「そういう気持ちを応援したいし、尻込みせずに頑張ってほしい」と続けた。

 もともとは他のアーティストへの提供を目的に、2年前に曲だけをつくったという。以来温め、昨秋に詞をつけ自身の歌として完成させた。

 春らしいアップテンポで元気のよい曲調。「きっと明日があるから愛は進化していくね」「君の行く先でピュアでいてね永遠ね」などとポジティブな言葉にこだわった。

 今年デビュー20周年を迎える川本さん。短編映画を制作しユーチューブで公開したり、自身が加わるバンドのアルバム制作など多彩な企画に取り組みたいと意気込む。また、福井市内で小中高生対象にポップスの歌を教えるなど活動の幅を広げている。

 新曲はMY BEST! RECORDSから発売する。1200円(税別)。

関連記事
あわせて読みたい