日本高野連は31日、第11回U—18(18歳以下)アジア選手権(8月30日開幕=台湾)に出場する高校日本代表の第1次候補22人を発表し、選抜大会に出場した福井県の敦賀気比から山崎颯一郎投手と林中勇輝内野手が選ばれた。

 山崎投手は1回戦で青森山田を4安打完封。2回戦では海星(長崎)に敗れたものの、9回2失点の力投をみせた。

 林中内野手は主将として攻守にチームをけん引。1回戦で決勝の適時打、2回戦ではソロ本塁打を放った。

 選抜大会で優勝した智弁学園(奈良)から村上頌樹投手と福元悠真外野手、準優勝の高松商(香川)からは米麦圭造、美濃晃成の両内野手と安西翼外野手が選出された。

 選抜大会と今夏の全国選手権大会に出場した選手を中心に、選手権大会期間中に代表18人を決める予定。

関連記事
あわせて読みたい