山あいの岩間から湧き出る瓜割の滝=福井県若狭町天徳寺

 環境省は29日、全国の「名水百選」について、インターネットで上位5位を選ぶ人気投票の結果を発表した。福井県からエントリーしていた若狭町の「瓜割の滝」は、おいしさ部門で2位に輝いた。観光地部門に立候補した大野市の「御清水(おしょうず)」は上位5位までに入らなかった。

 4部門のうち観光地と景観の2部門で、長野県安曇野市の「安曇野わさび田湧水群」がトップだったほか、おいしさ部門は神奈川県秦野市の「秦野盆地湧水群」、秘境地部門は愛知県岡崎市の「鳥川ホタルの里湧水群」が1位だった。

 1985年の名水百選の初選定から30周年を記念したネット投票は「名水百選選抜総選挙」と名付けられ、2月15日から3月13日まで実施された。4部門に47市町の延べ55カ所がエントリーし、総得票数は11万4398票だった。

関連記事
あわせて読みたい