福井銀行(本店福井市、林正博頭取)は25日、JR福井駅西口再開発ビル「ハピリン」に、新たな営業拠点「WiL(ウィル)」を開設すると発表した。「働く女性」をターゲットに、美や健康の書籍約600冊をそろえるほか、各種セミナーなどを通して女性の活躍を応援していく。

 「ウーマンズ・インスピレーション・ライブラリー」の頭文字を取った「ウィル」は、ハピリン2階の約150平方メートルに設置する。女性所長を起用して3人体制で運営。預金やローンを取り扱う営業店ではなく、個人向け金融サービスの相談、受け付けを主な業務とする。

 福井は女性の社会進出が全国的にも高いことから、専門業者に依頼し、働く女性に役立つ美容や健康、グルメ、趣味や旅行といった書籍を集め、気軽に立ち寄れる空間づくりを目指す。担当者は「リラックスした雰囲気で、日々の生活や人生設計を考えるきっかけの場になれば」と話している。美容をテーマにしたセミナーやマナー講座、女性の関心を引く展示会なども企画する予定という。

 金融商品については来場者の要望に応じ、近くの営業店や本部行員を紹介するなどして顧客獲得につなげる。

 平日は正午〜午後8時、土日・祝日は午前10時〜午後6時。月曜定休。ハピリン開業の4月28日から5月8日までは無休とする。

関連記事
あわせて読みたい