センバツ40年ぶりの勝利を目指した福井工大福井の挑戦は、完封負けという苦い結果に終わった。「先取点を取れなかったことが大きい」と大須賀康浩監督。初回に2連打でつくった絶好機を生かせなかったことを悔やんだ。

 一回表、先頭北川智也が右前に返すと、2番谷本甲仁が絶妙な内野安打で続く。福田翔人の犠打も決まり1死二、三塁。お手本のような攻撃で、先制点のお膳立ては整った。しかしここから頼みの中軸が振るわず無得点。ピンチをしのいだ智弁学園エース村上頌樹を、リズムに乗せてしまった。

 放った安打は智弁学園を上回る10本。しかしいずれも単打で、打撃力が持ち味の福井にしては、迫力を欠いた。「あと1本」が出ず重なる残塁。チャンスに効率よく得点した相手とは対照的だった。

関連記事
あわせて読みたい