ラプトをデザインした工事用バリケード「じゅらちっくスタンド」=福井市照手2丁目の八木熊本社

 繊維、化学品商社で樹脂成形品製造販売の八木熊(本社福井市照手2丁目、八木信二郎社長)は、福井県の公式恐竜ブランド「ジュラチック」のキャラクター「ラプト」をデザインした工事用バリケードを製作した。レンタル会社に、工事現場やイベント会場などに貸し出してもらい、2018年福井国体などに向けて「恐竜王国・福井」を盛り上げていく。

 福井県ブランド営業課から相談を受けて作り、商品名は「じゅらちっくスタンド」。ラプトをかたどった樹脂製スタンドに、安全性に優れた樹脂パイプを取り付けて使う。デザインは両面に施され、サイズは幅約46センチ、高さ約80センチ。「FUKUI Juratic王国」などのロゴを入れた足の部分は恐竜の卵をイメージし、目や口とともに反射シールを張って夜間の視認性を高めた。

 工事用保安用品のレンタル・販売を手掛けるホクシン工業(本社金沢市)の福井、小浜の両営業所に計2800本を販売。八木熊は「福井国体だけでなく、北陸新幹線の県内工事も本格化してくる。東京五輪でも利用してもらうなど、福井を広くアピールしていけたら」と話している。レンタルの問い合わせは、ホクシン工業福井営業所=電話0776(67)8989。

関連記事
あわせて読みたい