嶺南東地区の美浜、三方、上中の三商工会は十五日、二○○七年四月から「わかさ東商工会」となる合併基本協定に調印した。五月に合併協議会を立ち上げ準備を本格化。年内にも正規の合併契約を締結し、来年四月一日に発足する。

 若狭町の三方商工会館で行われた調印式には美浜の松下正、三方の大山四郎、上中の雨森登各商工会長と、立会人の山口治太郎美浜町長、千田千代和若狭町長が出席。三商工会の会長が書類に署名し握手を交わした。

 合併促進協議会を代表して大山・三方商工会長が「合併を機に、中小企業の支援体制を強化していきたい」と抱負を述べた。

 本所は三方商工会館を活用。財産などは包括的に引き継がれる。今後は新商工会の発足に向け、事業計画などを詰めていく。

関連記事
あわせて読みたい