夢のステージでワンマン—。福井県出身の声優、歌手の蒼井翔太さん(28)が13日、東京・千代田の日本武道館でワンマンライブに臨む。10代で芸能界入りして以降、夢にまで見た憧れの大舞台。「感謝を込めて歌わせていただきたい」と意気込んでいる。

 蒼井さんは2006年に歌手「SHOWTA.」としてメジャーデビュー。その後芸名を変え、11年にゲームソフト「Black Robinia」で声優デビュー。13年放送のアニメ「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000%」への出演をきっかけに注目を集め、数々のアニメ、ゲームのメーンキャラクターの声を担当してきた。

 人気の秘密は中性的な声質と抜群の歌唱力。アニメの主題歌や挿入歌などを歌い、CDも複数リリース。5月には初のベストアルバムを発表する予定。今回の武道館ライブ「蒼井翔太LIVE2016 WONDER lab.〜僕たちのsign〜」でも持ち前の美声をたっぷりと披露する。

 来る本番に向けて、最終調整中だという蒼井さんは「いつも応援ありがとうございます! 皆さんとかなえることができた大きな夢の一つであるこの武道館ライブ。福井出身の声優として名をとどろかせられるよう、そして、いつか福井でもライブができるように頑張ります! そのときはぜひ遊びに来てくださいね」とコメントしている。

 ライブの詳細は蒼井さんの公式ホームページ。

関連記事
あわせて読みたい