女性が死亡した現場付近を調べる署員ら=27日午前5時ごろ、福井市文京7丁目

 27日午前1時40分ごろ、福井市文京7丁目の市道脇の駐車場で、近くの派遣社員荒井千栄子さん(61)が頭から血を流して倒れているのを、通り掛かったタクシー運転手が見つけ110番通報した。荒井さんは頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。福井県警福井署は現場の状況からひき逃げ事件として捜査。同日夕、自動車運転処罰法違反(過失致死)とひき逃げの疑いで同市、会社員土井利文容疑者(22)を逮捕した。

 逮捕容疑は26日午後9時40分ごろ、乗用車を運転し、同市文京7丁目の市道を歩いて横断中の荒井さんをはねて逃走し、死亡させた疑い。

 現場付近には荒井さんの所持品が散乱しており、約30メートルはね飛ばされたとみられる。同署によると、土井容疑者は同市内の勤め先に向かう途中だった。27日午前5時すぎに「何かに当たったかもしれない」と現場に戻った。市道にはヘッドライトの破片が落ちており、同容疑者の乗用車のものと一致した。

 現場は見通しのよい片側2車線の直線道路で、通称明里橋通り。荒井さんはコンビニで買い物をし帰宅途中だったとみられる。

関連記事
あわせて読みたい