25日に発売する「ランチパスポート福井」の創刊号

 福井新聞グループの企画編集制作会社で、雑誌「月刊fu(ふう)」を編集するfuプロダクションは25日、掲載飲食店で提示するとランチメニューが割引になる書籍「(月刊fu別冊)ランチパスポート福井」を創刊する。

 同日発売の創刊号には和食、洋食、中華、カフェなど県内全域の82店を掲載。店舗で同書を提示すれば、誌面で紹介されている700円以上のメニューが、いずれも税込み540円で食べられる。今回は特別企画として、1400円以上のメニューが税込み1080円に割引される「プレミアムランチ特集」ページも設けた。

 定価999円(税込み)。有効期限は5月24日までの3カ月間で、1店舗当たり3回まで利用できる。購入者は数回の食事で元が取れ、その後はお得な割引が続く。

 誌面は1ページに付き1店舗を掲載。割引対象のメニューや店の基本情報について、記事とカラー写真で紹介している。掲載店にとっては消費者への周知を図り、その後の誘客につなげられるメリットがある。

 A5判変型、120ページで1万部発行する。県内の主要書店、コンビニ、福井新聞社本社・支社支局、福井新聞販売店で販売する。

 「ランチパスポート」は外食文化の発展を理念に、2011年に高知県で初めて発刊された。今回が本県初上陸となり、全国43都道府県で発行されたり、発刊が決まったりしている。

 福井の第2号は5月25日に発売予定で、掲載店を現在募集している。その後も3カ月ごとに発行する予定。問い合わせはfuプロダクションランチパスポート係=電話0776(60)2000。

関連記事
あわせて読みたい