「だるまや西武」から「SEIBU」に。「福井西武」としての再スタートを目前に控え、だるまや西武(福井市中央一丁目)の看板の掛け替えが二十四日までに完了した。

 足羽山など遠くからも確認できる同百貨店の青い大看板は、JR福井駅前のシンボル的な役割もあったが、その看板から「だるまや」の文字が消える。

 同百貨店は二十六日に店名が「福井西武」となり、前身のだるま屋創業から八十年近く受け継いできた「だるまや」の名称は姿を消す。店名変更に伴う看板の掛け替えにより、屋上の大看板は「だるまや西武」から「SEIBU」に、北西角と南東角にあった壁掛け看板は「DARUMAYA SEIBU」から「SEIBU」に変更となった。三つの看板は一九八○年の店舗新装時に設置された。

関連記事
あわせて読みたい