黙々とダンス練習に励むスクール生たち=20日、福井市二の宮3丁目

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツを運営する福井県民球団は、ダンサーやモデルの養成スクール「STARS」(スターズ)=福井市二の宮3丁目=を球団公式ダンスユニットに任命した。スターを夢見る子どもたちが、福井のホーム試合でダンスを披露。球場の盛り上げに一役買ってもらう。

 スクールは昨年12月に開校。中学3年時にCDデビューした経験を持つ奥井麻結さん(27)が、小中学生らを指導している。

 野球だけでなく、球場の催しや雰囲気を来場者に楽しんでもらおうと、球団が協力を依頼。スクール生たちに「いろいろなところに出演して場数を踏んでほしい」(奥井さん)との思いから引き受けた。

 公式ダンスユニットを担うのは「ライブユニット モデル&ダンサーズ」クラスに所属する小学1〜6年生13人。球場で披露するダンスは「応援することに重点を置いた」(奥井さん)オリジナル。20日のレッスンでは一通りの振り付けが決まり、スクール生たちは鏡で自分の振りやステップなどを確認しながら、黙々と練習していた。

 奥井さんは福井国体の公式ダンス指導員を務めていることから、球場では「はぴねすダンス」も踊り、国体をPRする。大村瞳月(しずく)さん(岡保小5年)は「球場で踊るのは緊張するけど楽しみ。本番は笑顔で全力で頑張りたい」と意気込んでいた。

 3月11日、福井市の県繊協ビルで開かれるファンと選手が交流する集いで初お披露目する予定。

関連記事
あわせて読みたい