関西電力は20日、今月下旬の再稼働を目指して定期検査中の高浜原発4号機(加圧水型軽水炉、出力87万キロワット、福井県高浜町)の原子炉補助建屋で、放射能を含む1次冷却水約34リットルが漏れたと発表した。漏れた放射能量は約6万ベクレルと推定され、法令に基づく国への報告基準の60分の1程度。外部への水漏れはなく、周辺環境への影響はないという。

 関電は、再稼働に向けた作業を一時中断し原因を調査している。

 同日午後3時40分ごろ、建屋内の系統配管の一部に1次冷却水を流したところ、床への水漏れを示す警報が鳴った。すぐに通水を停止し、運転員が駆けつけたところ、水たまりを確認。床のタンクに回収されたものもあった。関電が水漏れの原因を調べている。

 高浜4号機は核燃料の装荷を終えている。関電は「工程に影響が出るかは、現段階では分からない」としている。

関連記事
あわせて読みたい