簡単に設営できる段ボール製のパーテーション(左奥)やベッド兼テーブル(手前)=福井県越前市の垣内産業

 梱包(こんぽう)・包装資材などの製造販売を行う垣内産業(本社福井県越前市)は、段ボールを組み立てて設営するパーテーションなど災害対策用品を開発した。避難場所の備蓄用に、自治体や事業所などからの需要を見込んでいる。

 開発は、地域産業の発展と雇用創出を図ることを目的にした越前市新事業チャレンジ支援事業の認定を受けた。パーテーションと更衣室は避難者のプライバシーを確保し、簡易トイレの設置や授乳室としても利用できる。簡易ベッド兼テーブルも開発した。工具不要で誰でも簡単に設営できる。

 パーテーションは幅、奥行きともに2メートル、高さ1・8メートルで3万9千円(税抜き)、更衣室は幅、奥行きともに1メートル、高さ1・8メートルで2万5千円(同)。ベッド兼テーブルは幅1・8メートル、奥行き0・6メートル、高さ約0・7メートルで1万1千円(同)。希望によって大きさを調節でき、金額も大きさに応じる。

関連記事
あわせて読みたい