盗難に遭ったが発見され、無事に区民の元に戻ったさい銭箱=12日、福井県大野市

 福井県大野市陽明町1丁目の不動明王の御堂から盗まれたさい銭箱が見つかり12日、管理する同1丁目1区の住民の元に大野署から戻された。住民たちは「返ってきて良かった」とほっとしている。

 さい銭箱の底に「陽明町一丁目一区」と記してあり、盗まれた物に間違いないと分かった。入れたお金を受ける引き出しがなくなっており、全体に傷付いているが、原形をとどめている。

 伊藤道弘区長(70)は「早く見つかって感謝している。14日の町法事で使う予定だったので、間に合って良かった。こういう状態で戻ってきたということを、区民に見てもらう」と話していた。

 さい銭箱は1月30日の夕方、なくなっていることに住民が気付き、同日、大野署に届け出た。同署は窃盗事件として捜査中のため、詳しい発見日時や場所を明らかにしていない。

関連記事
あわせて読みたい