2階が焼けた雑居ビルを調べる福井署員ら=11日、福井市順化2丁目

 10日夜、福井市順化2丁目、通称片町の雑居ビルの2階が焼けた火事で、福井署などは11日、実況見分を行った。2階の飲食店「CANDO(カンド)」の厨房(ちゅうぼう)部分が激しく燃えていたことなどから、同署は調理中の火が換気扇に移ったとみてさらに原因を調べる。焼失面積は約250平方メートルだった。

 福井市中消防署によると、このビルの外壁は二重になっていて、その間に炎が入ると壁を剥がす必要があるため、消火が難しい構造だったという。

 出火当時、CANDOでは福井工大の学生や教授ら約50人が謝恩会を開いていた。参加していた40代男性教員によると、午後8時すぎ、店内に白っぽい煙が漂い、続いて火災報知機が鳴り、間もなく店内の照明が消えた。店員から火事を知らされ、男性教員は参加者に避難を呼び掛けたという。

 大きな混乱はなく、避難は5分ほどで終えたという。男性教員は「最初は報知機の誤作動かと思ったが、こんな大火事になるとは…。早めに避難して良かった」と話した。

関連記事
あわせて読みたい