4日の与党PT検討委員会には、関西経済連合会の辻卓史リニア・北陸新幹線担当委員長も出席した。福井県敦賀以西ルートについて「東海道新幹線と一部でも重複しない方が良い」と述べ、乗り換えが必要な米原ルートに否定的な考えを示した。

 辻委員長は、東海道新幹線の代替機能としての重要性を指摘。「南海トラフ巨大地震で一方は壊滅しても、もう一方は無傷で機能するというのが理想的」と述べ、新大阪駅を北陸新幹線と東海道新幹線の結節点にすべきとした。

 会合後、「小浜—京都ルートを支持したのか」との記者の質問に対して「結果としてそれに近い」と述べた。舞鶴経由については「個人的意見だが、北陸新幹線は大動脈だから、すっきりした形が望ましい」と否定的だった。

 関西国際空港までの延伸は「利便性は飛躍的に増大するが、そのために着工が遅くなるのでは困る、というのが北陸経済連合会との共通認識」と述べた。

関連記事
あわせて読みたい