空へ真っすぐに延びる「太陽柱」=4日、福井県大野市から

 太陽光が空に向かって真っすぐに延びる気象現象「太陽柱(たいようちゅう)」が4日朝、福井県大野市内で観測された。雲の中にある氷の結晶に光が反射して起こる珍しい現象。朝焼けの中、幻想的な光景が広がった。

 福井県越前市の写真愛好家、武安重美さん(64)が午前6時55分ごろ、大野市下丁から東の空の朝焼けを撮影中、カメラに収めた。「数回見たことはあるがいつ見ても神秘的で、遭遇できたのは幸運」と話した。太陽柱は10分ほどで消えた。

 福井地方気象台によると、日の出や日没の時間帯に現れるケースが多いが、「雲の高さや雲の厚さなど、条件がそろわないとなかなか見られない現象」という。

関連記事
あわせて読みたい