守備練習で軽快な動きを見せる西川=広島県廿日市市の大野練習場

 社会人王子から広島へ。西川龍馬内野手(21)=敦賀気比高出身=は「体力、技術面すべてレベルアップしないと1軍では通用しない。焦らずにやっていきたい」とはやる気持ちを抑え、じっくりと先を見据える。もちろん「チャンスをもらったら必死にアピールする」と闘争心は忘れていない。

 「キャンプで100%の力を出すための準備期間」と位置づけた新人合同自主トレ。持ち味である走攻守で軽快な動きを披露し、仕上がりは上々のよう。1軍メンバーに選ばれたキャンプに向け「楽しみと不安が五分五分。新人らしく元気よく声を出していきたい」と気合十分だ。

 母校の先輩であり昨季、現役を退いた東出輝裕が目標。「東出さんのように三拍子そろった選手を目指し、将来は日本を代表する遊撃手になりたい」。高みに向け、力強い一歩を踏み出す。

関連記事
あわせて読みたい