1軍を目指し、精力的に汗を流す平沼=千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアム

 センバツ優勝投手の新たな挑戦が始まっている。日本ハムの平沼翔太内野手(18)=敦賀気比高。「キャンプでどれだけ成長できるかで、1年目から1軍を目指せるかも決まってくる。勝負の1カ月」と闘志を燃やす。

 千葉県で行われた新人合同自主トレでは、キャンプに向けた体づくりに重点を置いた。「キャンプでは(内野手の)足の運び方、バウンドの合わせ方など基本的なところをしっかり身に付けたい。先輩からも盗まないと」と意気込む。

 投手のこだわりを捨ててプロの世界に入ったが、夢は断たれていない。栗山監督から「投手の夢もあきらめずに持っておけばいい。まずは野手として1軍へ上がってこい」と声をかけられたという。

 大谷に続く“二刀流”へ。「どっちも中途半端になるのが一番ダメ。野手しか考えていない」としっかり足元を見つめる。「でも、定位置取ったら挑戦しますよ」。こう断言するところが、有言実行の平沼らしい。

関連記事
あわせて読みたい